ごあいさつ

はじめまして。高橋幸子です。
見てのとおり「画家」としてホームページを作ってみました。
画家と名乗るきっかけは、雪梁舎フィレンツェ賞に入選させていただいて、表彰式に参加したことです。一緒に参加した入賞、入選の皆さんから「画家」としての名刺を頂きました。名刺にQRコードが印刷されていてご自身のホームページを観られるようになっています。
私もこれやろう、というわけですが、絵の制作もしないといけない。かれこれ3ヶ月近くも放置してしまいました。
ご縁あって、このホームページに来ていただいてありがとうございます。
まだ発展途上ですが今後ともよろしくお願いします。
2021.10.29.

絵のタイトルについて

このホームページは何日か前に公開しました。
今のところ、会社の同僚に「このQRコード読み込んでみて」とテストしてもらっただけなんですが。
とりあえずTwitterで「ホームページ作りました」とお知らせしてみようと思います。この文章を書いたら。

「絵のタイトルについて」という文章のタイトルも何だかな、という感じですが、タイトルを付けるのがどうにも難しいという話です。
ここに上げた油絵のタイトルで、
「旅の途中」
「みなと」
「若葉」
これはスピッツの曲のタイトルを使いました。
「宵待ち桜」は、最初「あかねさす」という名前だったんですが、「あかねさす」という枕詞は、夕方の絵に相応しくないかと思ったのと、その後に「アイとアカネ」という絵を描いたので、アカネ多すぎやんと思ってタイトル変えました。
 しかし「アイとアカネ」ってタイトルも正直気に入らない。「アカネ」だけでよかった気がする…。
という具合に、一度付けたタイトルが後で気に喰わなくなって変えてるのがいくつかあるんです。

まあタイトルが何であれ、絵の出来映えには関係ないんですが。
あまりにも思い入れたっぷりなタイトルを付けるのも抵抗あります。絵を見る人に絵描きの思い入れを押し付けるみたいなのが、恥ずかしくて嫌なんで。
2021.11.13.

powered by crayon(クレヨン)